ギャルリももぐさ/百草
作品/百草
Temporary Exhibition Gallery Permanent Exhibition Gallery Cafe Outline & Access Momogusa Original Masanobu Ando's Work Akiko Ando's Work Published Momogusa Blog.
企 画 展 今までの企画展・今後の企画展へ
ヨーガン レール展 2000 9月15日(金・祝)〜10月9日(月・祝)
ストール '90
手と足元を見つめる 
 よく「こだわりの仕事」と書いて誉め言葉のように使うが、これに違和感を覚えるようになったのは、「こだわりは、自己弁明をする為に使う言葉だ」とある人に言われてからである。確かに辞書で調べれば、“こだわる”は“執着して融通のきかぬこと”とある。自分が自然にしていることとか、当たり前だと思ってするこ とに、こだわった仕事という言葉を使うことはない。他人に対しても同じことが言える。“こだわり”には他との差別化をはかる下心が見え隠れする。
 うかつにも初めてヨーガン・レールの仕事を見た時、「こだわり」を私は感じてしまった。その後、レールさんとお付き合いをさせて戴くにつれ、美意識の奥行の探さに驚き、ものを作る基本的な姿勢に感嘆した。例えば今年の新製品の「手ぬぐい」。身体の水気を取るものはタオルと決めてかかっていた。しかし、そこにあったのは起毛したタオルではなく手紡ぎ・手織り・草木染めの手ぬぐいであった。ヨーガン・レールは手仕事に“こだわっている”のではなく、この方が美しくて身体に気持ちよく、基本的に自分が使いたいものを作っているだけなのだと思う。戦略など微塵も見当らない。
 まず、足元を見つめるところからヨーガン・レールの仕事は始まる。転がっている石、葉っぱ。そこに表れている色。それらを拾って手に取り、目に焼き付けて脳の中のカラーリング部門にしまいこむ。次に作り手を探す。ヨーガン・レールの視界は広い。アジア全般である。作家にならなくては手仕事が続けられなくなって きている日本と違って、アジアにはまだかろうじて機械化以前のもの作りの村々がある。今回の手ぬぐいはラオスで作られた。日本でも手に仕事をという若者が増えている。ヨーガン・レールのデザインにより、そんな若者たちから、もう−1つの新製品自磁の食器が生まれた。
 現代において職人仕事を活かすには、アイデアと深い美意識が必要である。ヨーガン・レールの脳の中にインプットされているそれらを、シリーズでこれから展開していただくことになった。 特に今回は保管されていた’88〜’90年のストールを展示敗売して貰い、ヨーガン・レールの美意識の変遷と広さを知るきっかけにしたいと思う。乞う御期待。 
ギャルリ百草 安藤雅信
白磁カップ 陶製椅子
手ぬぐい
タオル、バスマット
綿ブランケット
シーツ、ピロケース
パジャマ
ベッドカバー
家具

鍛金ステンレスボウル
ココナッツ漆器
ガラス器
木の器
フオーク、スプーン、ナイフ
銅器
アダン葉製品
テープカッター
陶器・磁器
自磁器

図録「ころも」
陶製椅子
このページの先頭へ
ギャルリももぐさ 〒507-0013 岐阜県多治見市東栄町2-8-16 TEL:0572-21-3368 FAX:0572-21-3369 ■お問い合わせ・通信販売について