Home > 安藤雅信 > 日本の音楽夜話 5 中山康樹

日本の音楽夜話 5 中山康樹

IMG_1500

ああ、また信頼の出来る物書きが、黄泉の国に旅立たれてしまった。62歳。早すぎる死である。昨年の7月8日のブログに書いたように、ジャズとかロックとかのカテゴリーを横断して、ズバッと書いてくれる稀有な人だった。ちょっと前のジャズは、クラシックに対応するために教養主義的なところがあったが、中山さんの文章は、僕の耳に直接響く言葉で迫ってきた。

音楽の聴き方も色々あるだろう。過去に楽器を触ってことがある人とない人では、当然聴き方も異なってくる。中山さんは強いて言えば、スタジオの録音に立ち会っていたかのような文章。プロデューサーの役割や、その時にミュージシャンの動きや交流を教えてくれる。演奏に興味がある人には、知りたい情報を教えてくれ、かつ、歴史の捉え方も俯瞰的で説得力があった。マイルスのファン層を広げ、評価の低かった ’70年代以降のエレクトリックマイルスの評価した仕事は立派だった。ご冥福を祈ります。

 

 

 


コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://momogusa.jp/blog/wp-trackback.php?p=261
Listed below are links to weblogs that reference
日本の音楽夜話 5 中山康樹 from

Home > 安藤雅信 > 日本の音楽夜話 5 中山康樹

検索

このページの先頭へ