Home > アーカイブ > 2014-01

2014-01

ジャズ雑記 12 昔と今

その昔若い頃は、音楽雑誌を買ったり、FM放送などで新譜の情報を得たいた。そうやって蓄積したものが増えてきて新譜を買う機会はどんどん減った。お気に入りのアルバムを聴き込む満足感で時間は過ぎていくもの、刺激を求めて時々新しいものに手を出してみる。新譜購入って冒険というか賭けというか、僅かな勘が頼りだから、そりゃ外れた時は一時落ち込む。音楽愛好家はどのような情報を頼りにして、CDとか手に入れているのだろうか。

このKendrick Scottは前に御紹介したパーラトのアルバムに参加しており、気になってリーダーアルバムを買ってみた。これが大当たり。ドラマーのリーダーアルバムには、元ドラマーとして肩入れしたくなるが、これは文句なしにアルバムの完成度が高い。昔と今という表現は大ざっぱだが、民主主義が成熟してきた今は、音大出のミュージシャンが増えている。昔は皆叩き上げで、現場で技を習得した人が多かった。音大出は作曲能力もあり、のびしろは多い。リーダーが出しゃばるのではなく、アルバムの完成度を考えての構成力が特に優れている。このようなタイプのドラマーは昔いなかった。どちらの時代が幸せだろうね。熱は昔の方があったかな?

追記 ギター好きはこのアルバムのマイク・モレノを是非聴いて欲しい。

140124

消えたブログ 1

BOB DYLAN

サーバートラブルで消えてしまった過去のブログを地道に載せていこうと思います。二人の方が呼びかけに応じて下さり、文字データだけ2013年を除いて復活させられそうです。先ずはブログを始めた第一弾。加筆訂正あり。2010年3月19日記

 

LIKE A ROLLING STONE

ボブ・ディランのライブに行った。サブカルチャーの先頭ランナーが「老い」にどう向かうのか、とても興味があった。ライブで過去の曲を演奏する場合、必ず アレンジするディランは今回もそうしていたが、メインステージはほとんど60歳代に発表した曲。馴染みがないものには聴衆の反応は弱い。彼はそんなことにはへこたれ ない。アンコールで過去の名曲をアレンジして演奏してくれた時はさすがに盛り上がった。2時間のライブ。過去のヒット曲にすがらず、転がり続ける偉大なトップランナーである。

コメント:5

桜子 10-03-21 (日) 3:23
ボブディラン、、私も好きです。40年にも及ぶ活動って、すごいですネ。。。
継続は、力なり! どんなことでも、ずっと続けていけることってスパワーがいるし、
ステキだな、、、と思います。

ブログの新設、嬉しいです!楽しみに拝見させていただきますネ。
私は安藤作品大好きです。 クレの小屋にも、ぜひ伺いたいのですが、、、
東京なので、なかなか行く機会がありません。  でも伺える日を楽しみに
ブログも覗かせていただきますネ!

安藤雅信 10-03-25 (木) 5:24
週に一度は更新できればと・・・。
来週から東京と千葉で3つ展示会あります。
またここで御紹介する予定です。

桜子 10-03-25 (木) 19:34
お忙しいところスミマセン。
東京での展示会、ぜひお伺いしたいので、告知よろしくお願いいたします。
とっても、、楽しみです。
陶展ですか?ピューターシリーズも出たりいたしますか?
ピューターのリム皿は、ずっと欲しいと思っているのですが、、
ネットではなく、、直接見て選べる展示会を心待ちにしておりました。
どんな作品が並ぶのか、、今から楽しみです。

みてろがん  10-04-11 (日) 5:37
ブログの最初にボブ・ディランについて書くヤツ!それを見て思わず手を振ってしまった。

みえこ 10-04-18 (日) 9:35
ブログ開始、おめでとうございます^^
3度ほど、伺いました。
ギャラリーと、サロンの大ファンです。
生活スタイルの提案に、刺激をうけています。。
これからも、更新楽しみにしています。

Home > アーカイブ > 2014-01

検索

このページの先頭へ